【台数限定】格安の法人携帯が1,680円〜(税込 1,848円〜)スマホ話し放題

期間限定キャンペーン!

期間 : 2023年01月31日まで 100台限定!

ビジネスフォンが0円

法人スマホのセキュリティリスクとその対策

2022.12.19

画像

顧客情報や社内の機密事項などの重要な情報が登録される法人スマホは、セキュリティリスクに注意をする必要があります。

近年では、大半のアプリやサービスがネットワークで外部につながっているため、重要な情報を守ることに対しては、従来以上の強い意識が必要とされます。

しかし、実際にどのような対応をとればよいのか、理解していない方は少なくありません。
この記事では、法人スマホのセキュリティについて、想定されるリスクとその原因、有効なセキュリティ対策をご紹介します。

法人スマホのセキュリティリスクとその原因

法人スマホの利用で心配なのが、「セキュリティリスク」です。
個人情報流出などのトラブルが発生した場合、企業には甚大な被害が発生します。
この章では、セキュリティリスクとその原因を解説します。

法人スマホのセキュリティリスクとは?

法人スマホの利用で、もっとも心配されるセキュリティリスクが以下の2つです。

①情報漏えい
法人スマホは常に携帯するため、移動時や出先で紛失したり盗難に遭ったりするリスクを伴います。
そこで、ロック画面を設定しておけば、第三者は勝手に操作できません。

しかし、万一ロックを解除された場合、個人情報だけでなく、社内の機密情報・顧客情報が漏えいする危険があります。

➁ウイルス感染
現在、インターネットサービスの利用が一般化したことで、さまざまなサイバー攻撃が横行し、日常的に被害が発生しています。
法人スマホも例外ではなく、Webサイトの閲覧や不用意なメール開封で、ウイルスに感染する危険があります。

ウイルス感染で直接的な被害がなくても、社内ネットワーク経由でウイルスが拡散すれば、重大なセキュリティ事故が発生する危険があるのです。

セキュリティ被害の一番の原因は「私的利用」

法人スマホにおいてセキュリティ被害の一番の原因は、法人スマホを貸与した社員の「私的利用」です。

特にリスクが大きいのが、以下の操作によるウイルス感染です。

①有害アプリのインストール
➁有害Webサイトの閲覧
③不用意なメールおよび添付ファイルの開封

法人スマホで行うべきセキュリティ対策

法人スマホを日常的に利用していれば、さまざまなセキュリティリスクを伴うため、企業には事故を未然に防ぐセキュリティ対策が求められます。

ここでは、法人スマホの導入にあわせて行いたいセキュリティ対策を3つご紹介します。

社内ルールの策定

法人スマホのセキュリティ対策で有効になるのが、「社内ルールの策定」です。

社内ルールを策定する一番の目的は、私的利用の防止。
法人スマホを導入する多くの企業で、管理体制の見直しが図られ、私的利用防止を目的にした社内ルールの策定が行われています。

社内ルールの項目は職場環境や業種で違いはありますが、社内ルールを決める全般的なポイントを4つご紹介します。

【法人スマホ利用の社内ルール(例)】
①会社携帯使用の原則:私的利用の禁止や公共の場での使い方などマナーやモラルを定める。
➁利用状況の確認及び罰則:利用状況の確認と私的利用が発覚したときの罰則を定める。
③セキュリティ対策:セキュリティに配慮した使い方を定める。
➃損害賠償:私的利用が起因するセキュリティ被害の罰則規定を定める。

MDMの活用

法人スマホのセキュリティ強化におすすめのサービスが「MDM(モバイルデバイス管理)」です。
MDMは法人スマホのセキュリティ強化のほか、運用管理の効率化も図れます。

MDMとは、複数の法人スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを、一括で管理・監視・操作できるシステムです。
おもに以下の機能が利用でき、セキュリティ対策を大幅に強化できます。

・一元管理(運用管理の効率化)
・利用状況の把握(不正利用の防止)
・紛失や盗難時の遠隔操作(情報漏えいの防止)
・アプリの配布や利用制限(ウイルス感染の防止)

大手キャリアのセキュリティサービスの利用

MDMとともに利用をおすすめするのが、大手キャリアのセキュリティサービスです。

Docomo・au・SoftBankでは、以下の法人向けセキュリティサービスを提供しています。
1回線あたりの月額も安価で利用できるため、ご利用のキャリアのサービスに申し込めば、大幅にセキュリティ対策が強化できるでしょう。

・docomo 「あんしんマネージャー」:月額275円(税込)/回線
・au 「KDDI Smart Mobile Safety Manager」:月額330円(税込)/回線
・SoftBank 「スマートフォン法人基本パック」:月額522円(税込)/回線

まとめ

法人スマホを導入すれば業務効率化が図れる一方で、注意したいのが「セキュリティリスク」です。

甚大な被害を防ぐために、社内ルールの策定・MDMの活用・大手キャリアのセキュリティサービスの利用、この3つの対策を効果的に活用しましょう。

会社携帯の導入を検討している方は「eeモバイル.com」までお問い合わせください。

法人スマホが月額1,980円〜(税込2,178円〜)で利用可能です。
さらに月額料金には「端末代金」「完全通話し放題」も含まれるため、初期費用や通話料の削減も期待できます。